プロフィール

メノウ・ノット

Author:メノウ・ノット
2000年に仙台のメイズハンドクラフトワークショップにてヘンプアクセサリーに出会い大きな影響を受け、私自身もヘンプアクセサリーの制作を始めました。

ヘンプを編み続けアクセサリーを作ること早9年。その技術は日に日に進歩していくようで未だに飽きが来ません。

現在は家業である農業を営むかたわら、暇なときにはヘンプアクセサリーを制作し、委託販売、オーダー販売をすることも・・・。

 
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
FC2カウンター
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
意外と知られていないヘンプの使われ方を紹介。

日本では結婚式をあげる前に「結納」を行いますが、そのとき必ず揃えなければならない「結納品」というものがあります。
結納品は地方によっても若干違ってきますが、当地方では家内喜多留、友白髪、寿留女、子生婦など5~9品揃えます。それぞれの品に意味が込められており、たとえば「子生婦(こんぶ)」なら海草の昆布を用いて子孫繁栄を表し、「家内喜多留(やなぎだる)」なら酒樽を用いて家庭円満をイメージ 、といった意味で揃えます。

今回、言いたいのは「友白髪」という結納品について。麻の繊維を使用しており、これこそヘンプそのもの。
意味としてはヘンプの繊維を白髪に見立てて、「白髪になるまで夫婦仲良く」といった意味が込められているそうです。ヘンプの色はベージュを思い浮かぶかも知れませんが、実際のところ友白髪のように繊維化された状態を見るとツヤがあり、本当に白髪のような白銀の輝きがあります。
ヘンプアクセサリーも使い込んでいくと、この輝きに似た光景を見ることができます。これもヘンプの魅力の一つです。

っというわけで、私は友人が結婚するとよくヘンプアクセサリーやグッツをプレゼントします。もちろん友白髪の意味に重ねて贈ります。これを機に日本とヘンプの文化を理解できたら・・・なんて思ってます。


img0030[1]_convert_20090816223715
スポンサーサイト
2009/08/28(金) 22:36 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

メールフォーム
ヘンプの編み方、ヘンプについて、4Hクラブのことなど知りたいこと、お気づきの点等がありましたらメール下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

※ここで送信したメールはブログ内とは別の場所へ転送されるのでご安心を。 返信を希望される方は、本文内にアドレスを入れてください。
 
ブログ内検索
 
ブロとも申請フォーム
FC2ブログランキング
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。