プロフィール

メノウ・ノット

Author:メノウ・ノット
2000年に仙台のメイズハンドクラフトワークショップにてヘンプアクセサリーに出会い大きな影響を受け、私自身もヘンプアクセサリーの制作を始めました。

ヘンプを編み続けアクセサリーを作ること早9年。その技術は日に日に進歩していくようで未だに飽きが来ません。

現在は家業である農業を営むかたわら、暇なときにはヘンプアクセサリーを制作し、委託販売、オーダー販売をすることも・・・。

 
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
FC2カウンター
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
以前ブログで「デットが好きで~」みたいなことを書いたが実はグレイトフルデットは初心者。
6年ほど前から中古CD屋から探しながら聞いてはいるのだが、一向に昔「メイズハンドクラフトワークショップ(通称メイズ)」で流れていた雰囲気のCDにめぐり合わない。
「デッドはライブ版が素晴らしい」というのは理解しているのだが、中古屋から探すのは限界があるし、デッドの醍醐味の一つでもある音源トレードも何かと無理がありそうであきらめていた。

ところが、デッドに関する基本的知識を紹介しているサイト「今から始めるGratefulDead」をよく読み返していると興味深いことが書いてあった。『DICK'S PICKS』シリーズというオフィシャルCDの中でもデッドを知る上では重要なライブ版のCDがあり、ただこのシリーズはvol.1以外はオフィシャルサイトでの通販でしか購入できないらしい。
早速そのサイトに行ってみたが全部英文で絶句。DICK'S PICKSシリーズのページにすらたどり着けずまたあきらめモードに。

また少し経ったときにiTunesStoreでなんとなくいろんなアーティストをの曲を調べててふと「そういえばデッドってiTunesStoreに入ってるのかな?」と思い検索してみればかなりの数のオフィシャルCDがそろっておりしかも、オフィシャルサイトでしか販売されていないはずの。『DICK'S PICKS』シリーズまでもそろっているではないか。さらにさらに、「今から始めるGratefulDead」には「『DICK'S PICKS』シリーズはvol.12まである」と記されていたがiTunesStoreはvol.36まで出ているではないか。
何というかここまで数が多いと、今後の音楽ライフは終わる事のない幸福というか・・・。
デッドのライブ音源が手に入ることがわかったから、これからは焦らず、ゆっくりとこの「『DICK'S PICKS』シリーズをvol.1から集めるとするか。

スポンサーサイト
2009/09/09(水) 01:03 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

メールフォーム
ヘンプの編み方、ヘンプについて、4Hクラブのことなど知りたいこと、お気づきの点等がありましたらメール下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

※ここで送信したメールはブログ内とは別の場所へ転送されるのでご安心を。 返信を希望される方は、本文内にアドレスを入れてください。
 
ブログ内検索
 
ブロとも申請フォーム
FC2ブログランキング
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。