プロフィール

メノウ・ノット

Author:メノウ・ノット
2000年に仙台のメイズハンドクラフトワークショップにてヘンプアクセサリーに出会い大きな影響を受け、私自身もヘンプアクセサリーの制作を始めました。

ヘンプを編み続けアクセサリーを作ること早9年。その技術は日に日に進歩していくようで未だに飽きが来ません。

現在は家業である農業を営むかたわら、暇なときにはヘンプアクセサリーを制作し、委託販売、オーダー販売をすることも・・・。

 
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
FC2カウンター
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
視察研修二日目。あいにくの小雨の中、グリーンシステムで実際に植物を栽培している施設を見学。

PC140302_convert_20081219220141.jpg

とりあえず雑談しながら施設の説明など。

PC140305_convert_20081219220613.jpg

雑談していた場所のすぐとなりではサンチュを栽培。

PC140307_convert_20081219220947.jpg
PC140308_convert_20081219221651.jpg
PC140326_convert_20081219222106.jpg

グリーンシステムでペアハウスに並び最近話題の「ベストカーテン」。ブロアーで袋状のカーテンに空気を送り込み暖かな空気層を作ることで保温率アップ。

PC140310_convert_20081219222802.jpg
PC140313_convert_20081219222850.jpg

この画像では分かりづらいのが残念。施設の外張りフィルム自体が袋状になっており、空気を送られ膨らませている不思議なハウス。保温効果だけではなく、高温期では意外と施設内は涼しくたもてるとか。

PC140316_convert_20081219223803.jpg

一見、鉄骨ハウスのようだがこれはパイプハウス。ローコストで、丈夫な施設だそうです。

いろいろと珍しい施設がありましたが、現在グリーンシステム内では施設の拡大等の作業で見せれる施設は少ないとのこと。リニューアルしたときにはまた訪れたいものですね。
スポンサーサイト
2008/12/19(金) 22:48 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

メールフォーム
ヘンプの編み方、ヘンプについて、4Hクラブのことなど知りたいこと、お気づきの点等がありましたらメール下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

※ここで送信したメールはブログ内とは別の場所へ転送されるのでご安心を。 返信を希望される方は、本文内にアドレスを入れてください。
 
ブログ内検索
 
ブロとも申請フォーム
FC2ブログランキング
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。