プロフィール

Author:メノウ・ノット
2000年に仙台のメイズハンドクラフトワークショップにてヘンプアクセサリーに出会い大きな影響を受け、私自身もヘンプアクセサリーの制作を始めました。

ヘンプを編み続けアクセサリーを作ること早9年。その技術は日に日に進歩していくようで未だに飽きが来ません。

現在は家業である農業を営むかたわら、暇なときにはヘンプアクセサリーを制作し、委託販売、オーダー販売をすることも・・・。

 
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
FC2カウンター
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
気仙沼という地域柄、魚を釣ったり買ったりしなくともよくもらって食べることが多い我が家。
魚市場に勤めている近所のSさんはカツオやホヤ、時にはモウカの星なんかも持ってきてくれる親切な方の一人。
そんなSさんが先日珍しいものを持ってきてくれた。「アブラボウズ」という魚。
「一度に一切れだけ食べてよ。下痢になるから。」とSさん。?何のことだかわからないが、父に聞けば、数年前まで毒魚として扱われて食用禁止なっていた魚だとか。ただ「毒」といってもふぐみたいな毒ではなく、その名の通り油ギシュな身のために食べ過ぎると腸で吸収されないため腹を下してしまうとか。

実際、味噌漬けにして焼いて食べてみたが・・・う、うますぎる!感じとしてはメカジキをさらに油っぽくした感じ。マグロ以上の味ダス。
確かにこの味なら二切れ、三切れと箸が進んでしまうのも納得。ただ腹を下すというのも納得の油加減。
IMG_05521[1]_convert_20091030232552
スポンサーサイト
2009/10/30(金) 23:18 | コメント:0 | トラックバック:0 |
メールフォーム
ヘンプの編み方、ヘンプについて、4Hクラブのことなど知りたいこと、お気づきの点等がありましたらメール下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

※ここで送信したメールはブログ内とは別の場所へ転送されるのでご安心を。 返信を希望される方は、本文内にアドレスを入れてください。
 
ブログ内検索
 
ブロとも申請フォーム
FC2ブログランキング
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。