プロフィール

Author:メノウ・ノット
2000年に仙台のメイズハンドクラフトワークショップにてヘンプアクセサリーに出会い大きな影響を受け、私自身もヘンプアクセサリーの制作を始めました。

ヘンプを編み続けアクセサリーを作ること早9年。その技術は日に日に進歩していくようで未だに飽きが来ません。

現在は家業である農業を営むかたわら、暇なときにはヘンプアクセサリーを制作し、委託販売、オーダー販売をすることも・・・。

 
カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
FC2カウンター
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
4Hクラブは、1914年にアメリカで始まった農業青年の集まりで、昭和23年に日本へ導入されました。
「4H」とは、頭「Head」、心「Heart」、手「Hand」、健康「Health」の頭文字をとって名付けられ、それぞれの意味としては次のとおりです。
○頭「Head」
   科学的にものを考えることの出来る頭を訓練すること。
○心「Heart」
   誠実で友情に富む心をつちかうこと。
○手「Hand」
   農業の改良と生活の改善に役立つ腕をみがくこと。
○健康「Health」
   楽しく暮らし元気で働くために健康を増進すること。


・・・っていうのが本来の4Hクラブなんですが、実際には就農したての若い農家が集まって、情報交換したり、先進地視察に行ったり、飲み会でストレス発散させたり・・・っていうのが現実。そもそも健康の「Health」なんて無理矢理っぽいし。
あと、あまりまじめに4Hクラブのことを農家とは関係ない友人に話すと宗教と勘違いされるので注意が必要(笑)。

そのうち気仙沼市で活動している4Hクラブの様子もアップします。わりと活動してる方だと思います。

スポンサーサイト
2008/12/30(火) 06:50 | コメント:0 | トラックバック:1 |
毎年年末恒例の「キュウリの播種」が昨日、終了しました。

GRL_0001_convert_20081228234418.jpg

今年の品種は二品種。
ここ何年か続けて使っている、ときわ種苗の「ズバリ」に加え、試験的に1ベット分新発売の埼玉原種「恵風」を播種。この品種の褐斑病に対する抵抗性には期待したいところです。

GRL_0002_convert_20081228234451.jpg

それと12月10日定植のトマトです。
今年の品種は、桃太郎ファイト・桃太郎コルト・ハウス桃太郎の三品種。
半端な面積のため毎年種があまり、今回は在庫一掃播種ですか(笑)。
2008/12/29(月) 00:07 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ここのブログで紹介しているヘンプを用いたアクセサリーはヘンプ用途から見ればのほんのひとかけらにすぎません。意外とさまざまなものが作られています。

衣類(繊維)
最近ではだいぶ定着してきたヘンプ素材の衣類。「夏涼しく、冬暖かい」というなんとも理想的な素材。ヘンプ専門店だけではなく、今ではスーツ屋でも夏の定番としてよく見かける。
ヘンプを利用した繊維は美しい光沢があり、その丈夫さから衣類だけではなく昔から頑丈なロープなどにも用いられる。

紙(非木材紙)
現存する最古の紙は中国で発見された2100年前のヘンプを用いた紙だとか。
ヘンプは一年草なので毎年収穫ができ、同じ面積で木材の4倍程度の紙パルプをせいさんできるそうです。

その他、化粧品や住宅建材、土に分解されるプラスチックなど様々な製品を作ることが出来るのですが、私から見たヘンプ素材の難点としてあげれれるのは「高価格」という点でしょうか。ヘンプそのものは様々な面でローコストな素材なんでしょうが、需要が少ないため結果として高価格になるんでしょうか。
ヘンプは一人ひとりの理解から普及していくものでしょうから、私はまずヘンプアクセサリーといった気軽に取り組めるヘンプ普及を実践しているわけです。

参考文献
赤星栄志著 「ヘンプがわかる55の質問」
2008/12/28(日) 06:49 | コメント:0 | トラックバック:0 |

手の込んだ作品は編んでて楽しいから、意外と時間をかけず作れてしまう。
ただ、最近の悩みとしてペンダントトップがなかなか決まらない。
何かいい天然石でも探すかな。
2008/12/28(日) 05:50 | コメント:0 | トラックバック:0 |


私の制作したヘンプアクセサリーを委託販売で置いてくれるお店があります。
明日は岩手県、藤沢町にある「わじあんカフェ aimaki」に久しぶりに商品の納入とランチを食べに行く予定です。

ちなみに、値札にはこのブログタイトルとおなじ「LIFE with HEMP」のロゴを入れてます。
2008/12/21(日) 23:56 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ナイツかオードリかと思ってたのに。
絶対ありえない方のコンビが優勝してなんか納得いかないっす。

ナイツ、面白いと思うんだけどなぁ。
2008/12/21(日) 22:46 | コメント:0 | トラックバック:0 |
GRL_0000_convert_20081223234559.jpg

ブログで初めて軽トラ市載せるのに早速、止め市とは・・・。
とにかく今年から気仙沼・新月地区の農家限定で始まった「にいつき軽トラ市」。
私自身、新月地区ではないにも関わらず、4Hクラブの肩書きのおかげで出展させていただき、本当にありがたく思います。
軽トラ市自体も毎度の晴天にも助けられ大盛況で今年度の販売を終えることが出来ました。
来年また再開する時は、ちょくちょくブログに載せますね。
2008/12/20(土) 23:44 | コメント:0 | トラックバック:0 |
視察研修二日目。あいにくの小雨の中、グリーンシステムで実際に植物を栽培している施設を見学。

PC140302_convert_20081219220141.jpg

とりあえず雑談しながら施設の説明など。

PC140305_convert_20081219220613.jpg

雑談していた場所のすぐとなりではサンチュを栽培。

PC140307_convert_20081219220947.jpg
PC140308_convert_20081219221651.jpg
PC140326_convert_20081219222106.jpg

グリーンシステムでペアハウスに並び最近話題の「ベストカーテン」。ブロアーで袋状のカーテンに空気を送り込み暖かな空気層を作ることで保温率アップ。

PC140310_convert_20081219222802.jpg
PC140313_convert_20081219222850.jpg

この画像では分かりづらいのが残念。施設の外張りフィルム自体が袋状になっており、空気を送られ膨らませている不思議なハウス。保温効果だけではなく、高温期では意外と施設内は涼しくたもてるとか。

PC140316_convert_20081219223803.jpg

一見、鉄骨ハウスのようだがこれはパイプハウス。ローコストで、丈夫な施設だそうです。

いろいろと珍しい施設がありましたが、現在グリーンシステム内では施設の拡大等の作業で見せれる施設は少ないとのこと。リニューアルしたときにはまた訪れたいものですね。
2008/12/19(金) 22:48 | コメント:0 | トラックバック:0 |
昼食後、福島県のグリーンシステム内へ潜入!

PC130255_convert_20081219214958.jpg

とりあえずこの日はハウス施設の鉄骨などを加工する工場を見学。

視察研修レポ⑤につづく・・。
2008/12/19(金) 21:48 | コメント:0 | トラックバック:0 |
視察研修レポ②に引き続き、矢本町内にある施設園芸農家を視察!
ここの農家さんは以前、4Hクラブの東北大会でお邪魔したこともあり、また個人的にクズ大豆をもらいにいったこともあるのです。しかしグリーンシステムの施設を導入してから行くのは初めて。

PC130253_convert_20081219133826.jpg

↑ここの農家さんではこの辺ではでは珍しいトマトの越冬栽培とアールスメロンの栽培をメインに経営しています。やはりグリーンシステムの「ペアハウス」使用ですが、視察研修レポ②の農家さんと違うのは「新設」ではなく「改造」でペアハウスにしたことでしょうか。既存のハウスであってもペアハウスに改造できるところもセールスポイントなんでしょうね。

PC130251_convert_20081219134015.jpg

しかしここの農家さんは施設だけではなく、模範的な経営や栽培方法にも感心させられてきました。

視察研修レポ④へつづく
2008/12/19(金) 21:14 | コメント:0 | トラックバック:0 |
堆肥舎見学の次は矢本の施設園芸農家さんをたずねました。
ここの農家さんでは、トマトを1,100坪ほど水耕栽培で栽培しており、そのうちの最も新しい350坪のハウスを見学しましたが、とにかくすばらしい!

PC130247_convert_20081218064715.jpg

↑少々見づらいですがこれがグリーシステムの「ペアハウス」です。外張りフィルムを二重にしており暖房費の50%前後を削減できるとか。これも堆肥舎同様、エフクリーン使用です。

PC130250_convert_20081218064851.jpg

この施設サイドは内側から膨らませています。ハウス内の空気で膨らませることにより、これもまた暖房費削減につながる施設ですね。

視察研修レポ③へ続く・・・
2008/12/19(金) 06:26 | コメント:0 | トラックバック:0 |
12/13に出発した視察研修レポートです。

まず最初に行ったのは酪農を営んでおり、グリーンシステムの施設として堆肥舎を利用している農家さんをたずねました~

PC130236_convert_20081217052255.jpg

一見、施設園芸でもやれそうなハウスに見えますがこれが堆肥舎です。
外張りフィルムにエフクリーンを使用しています。

PC130241_convert_20081217052742.jpg

中では堆肥を切り返すためのロータリーが自動で動くそうです。
牛舎からは排泄物をベルトコンベアーで自動に堆肥舎へ運ぶ仕組みになってます。

視察研修レポ②へつづく・・・
2008/12/17(水) 05:49 | コメント:0 | トラックバック:0 |
視察研修、どうにか無事帰ってきました~。
後日、視察研修レポをアップします。

PC140299_convert_20081215051146.jpg
2008/12/15(月) 05:09 | コメント:0 | トラックバック:0 |
気仙沼市4Hクラブの行事で近々開催されるものとして視察研修があります。
今年度は福島県にある「グリーンシステム」というハウスの資材屋さんと、グリーンシステムの施設を使っている宮城県石巻市の農家さんを3件見てきます。
宿泊は福島県の飯坂温泉。

っていうか、今から出発です。
帰ってきたら視察研修レポも載せたいと思います!
それではいってきま~す♪
2008/12/13(土) 06:23 | コメント:0 | トラックバック:0 |
そもそも4Hクラブとは?
簡単にいってしまえば「若い農家の集まり」でしょうか?
ここまで簡単にいってしまうとどうしようもなくなってしまいますが、とにかく就農して初めて入る組織なんじゃないかな?4Hクラブについて詳しくは追々・・・。

そんで、ブログ立ち上げたついでに、気仙沼市内の4Hクラブの活動日記や今後の予定なんかをアップしていくんで気仙沼市連のクラブ員の皆さん、見てたらヨロシク!
2008/12/11(木) 01:53 | コメント:0 | トラックバック:0 |
メールフォーム
ヘンプの編み方、ヘンプについて、4Hクラブのことなど知りたいこと、お気づきの点等がありましたらメール下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

※ここで送信したメールはブログ内とは別の場所へ転送されるのでご安心を。 返信を希望される方は、本文内にアドレスを入れてください。
 
ブログ内検索
 
ブロとも申請フォーム
FC2ブログランキング
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。