プロフィール

メノウ・ノット

Author:メノウ・ノット
2000年に仙台のメイズハンドクラフトワークショップにてヘンプアクセサリーに出会い大きな影響を受け、私自身もヘンプアクセサリーの制作を始めました。

ヘンプを編み続けアクセサリーを作ること早9年。その技術は日に日に進歩していくようで未だに飽きが来ません。

現在は家業である農業を営むかたわら、暇なときにはヘンプアクセサリーを制作し、委託販売、オーダー販売をすることも・・・。

 
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
FC2カウンター
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
今さらですが、ここのブログタイトル「LIFE with HEMP」の説明。

「LIFE with HEMP」はここのブログタイトルですが
元は制作したヘンプアクセサリーがお店に並んだとき
この「LIFE with HEMP」のタグをつけて並べます。
大げさにいえばブランド的なノリです。

10年ほど前、ヘンプアクセサリーに使う材料などをよく買ってたお店で、
委託でよければ商品を並べていいと話をいただきました。
後日、商品を持ってきたところお店の人に、
他の商品との区別も兼ねて持ってきた商品に名前をつけてほしいと突然いわれ、
ポッと思いついた英単語を並べ
「じゃぁ、LIFE with HEMPで」
と意外あっさり決めました。
もちろん中学生並みの英語力ですので適切な和訳を知らずに
「生活の中にヘンプグッツを~」みたいな軽いノリの意味でつけました。

しばらくして、よく意味を調べてみればまったく違う意味で
「大麻による生命」という訳でした。
正確な訳を知った時は「かなり重いなぁ」と変更も考えましたけど、
よく考えればそれもそうだなと勝手に自己解決。

人間は自然に生かされてるのであって、植物を代表して「ヘンプ」って感じです。
後付けでかっこ悪いですが、今は結構気に入ってます。
CA3B0006_convert_20120123134552.jpg

スポンサーサイト
2012/01/25(水) 14:10 | コメント:2 | トラックバック:0 |
最近でこそヘンプといえばエコな素材であることが多くの人々に知られました。
しかしヘンプクラフトを始めた10年ほど前はまだ知名度は低かったです。
フリーマーケットで出品しても
「ヘンプって何ですか?」という質問は少なからずありました。
問題はその私の回答で「麻のことですよ」と答えてました。
以前、このブログでも「麻ということで8割は合ってる」と書きましたが、
間違いではないですが正確な答えでもありません。

「麻」の正確な意味は・・・
「植物の茎の靭皮(じんぴ)や葉から繊維をとるマニラ麻・サイザル麻・亜麻・苧麻(ちょま)・黄麻(こうま)などの総称。また、それらから製した繊維や織物」
と広い意味となり特定の植物をさしていません。
よくDIYなどで売っている麻紐はまさにこれでヘンプではありません。


ヘンプは「大麻」と和訳されます。
結構書き渋った内容の記事ですがそれもそのはず。
ヘンプと聞けば何となく聞こえがいいものの、
大麻と言い換えただけで「麻薬」を連想する方も多いでしょう。
「ヘンプとは?」と聞かれて
「大麻です」というと今の日本では誤解が生じるためあえて
「麻」というあいまいな単語を使用してきました。
もちろんヘンプクラフトで使用するヘンプ紐は
毒性のない茎繊維部を使用しているので問題ないですが、
大麻が間違った使い方によって麻薬となることも事実。
ただ大麻が一部の偏った人種によって悪者扱いされるのは不憫で仕方ありません。
なぜなら大麻を辞書で調べると・・・

1 幣(ぬさ)を敬っていう語。おおぬさ。

2 伊勢神宮などで授ける神符。

3 アサの別名。また、その葉や樹脂から製する麻薬。麻酔・鎮静・催眠・幻覚などの作用がある。日本では大麻取締法で規制されている。マリファナ。ハシシュ。

っといた感じで麻薬であることにも触れていますが、前半は神事的な扱い。
昔から日常生活に関わりのあった大麻はもっと神聖な植物なんですね。

私自身もヘンプと日本の神事的な習慣が結びついてるのを知ったのもヘンプクラフトを始めてからです。
ヘンプの良さや歴史を知っていてヘンプに触れるのもいいと思いますし、私のようにその逆もアリだと思います。
私の作るヘンプアクセサリーなんかはその入門編みたいなノリで、日本の大麻史や環境問題なんかにつながればいいかなと思って制作に励んでます。
2012/01/24(火) 00:41 | コメント:0 | トラックバック:0 |
お昼休みを利用して、自分用のネックレスのロープ編んでたらもう9割方終わりました。
普段なら単純な作業の繰り返しですぐ飽きて、
デザイン性のある編んでて楽しい作品に移ってしまうのに、
今回だけは久々の作業のため飽きずに編めました。
CA3B0004_convert_20120118001838.jpg
後はペンダントトップを前のネックレスから外して
両端の処理をすれば完成なわけですが、
まだ前のネックレスを切るのが名残惜しいのでもう少ししてからにします。
2012/01/18(水) 00:22 | コメント:0 | トラックバック:0 |
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!
昨年は大震災で大変な年でしたが、今年は良い年になるよう努力してまいります!

ところで、3.11の震災前の最終ブログ更新が11月29日になっております。
もちろんズボラで更新しなかったっていうのもありますが、
自分にとってショックな出来事がありブログ更新意欲を欠いてました。
ヘンプアクセサリーを手掛ける人の中で
メイズハンドクラフトワークの店長は最も尊敬する人物でした。
しかしそのメイズの店長が突然のヘンプクラフト引退。
20代前半、仙台のアーケード内で夜な夜なヘンプアクセサリーを露店商していて、
ヘンプ好きのお客さんと話をすればメイズの店長は
「ヘンプを編む人」と知られており、
さらには「ヘンプの神様」なんて言い方する人もチラホラ。
私にとっても編みこみの技術は勿論、
色合わせやヘンプに関する情報など惜しみもなく提供してくれる方でした。
私がヘンプアクセサリーの制作に没頭できたのも、
メイズの店長がいつまでも一歩先行くデザインを編み出すことにより
制作意欲を掻き立てられたからでした。
それが突然の引退。
心にぽっかり穴が開いたとはこのこと。
そして追い打ちをかけるように3月11日の震災。
とてもヘンプを編む気になれませんでした。

ヘンプアクセサリー制作を休んで1年ほどたちますが、
気落ちはしてたもののヘンプクラフトからは
離れる気はなかったのでそろそろ制作再開します。
まずは商品というより前々から思ってた自分のネックレスを編みなおそうかと思い、
引っ張り出したのがハンガリーヘンプのスタンダードツイン。
初めてヘンプクラフトに触れたときの素材です。
ってか当時はこれしかなかったみたいな。
最近は自分のも販売用も完全に加工された
ノーワックスの手触りがよいヘンプを主力に使用することがほとんどでした。
何といても出来てすぐ着け心地いいのが魅力なわけですが
今回はあえてスタンダードツイン。
スタンダードツインは紐自体、硬くて、太さにむらがあり、
ネックレスにしたとき編みたては縄を着けてるような感じ。
しかし使い込めば羊毛ともシルクとも違う
何とも着け心地の良いアクセサリーに変わります。
久々にその手触りを確かめたくなりました。
そして何より、ヘンプクラフトとしての原点に戻りたくこの素材を選びました。
久々のヘンプの感触を一編みずつ感じながら編んでます。

ブログ用
2012/01/07(土) 05:21 | コメント:0 | トラックバック:0 |
紹介する作品がないので自分のアクセサリーを公開。
PB280004_convert_20101127063942.jpg

何といってもパイレックスのペンダントトップがポイント。
パイレックスはフラスコやビーカーなどの実験器具、
調理用ボウルなんかに使われるガラスです。特徴として熱に強い、
強度があり割れにくい、透明度が高いなどが上げられます。

このペンダントトップ、8年ほど前にメイズより購入しました。
この頃メイズでは度々、富山県にあるスパイラルアーツという
パイレックスのアクセサリー作品を手掛けるお店にわざわざ足を運び
仕入れに行ってたようです。学生の頃より始めたヘンプクラフトですが、
パイレックスのペンダントトップは高嶺の花。なかなか手が出ませんでした。
しかし見れば見るほどその魅力に引かれ、メイズに行くたび目の保養。

購入したのは就職してからのこと。パイレックスのペンダントトップが
入荷と同時に買いに行きこれを選びました。今思えばメイズの店長も
このペンダントトップねらってたんだろうなっておもいます。
それだけイイ仕上がりの作品なわけです。
PB280006_convert_20101127064044.jpg

このトップを光に照らして中をのぞけば美しい光と色が混ざり合います。
後から聞けばパイレックスのペンダントトップなんかはパイレックスガラスに
銀などを気化して吹きつけたりしながら制作する技法があって、
それが私の持っているトップに使われているらしいのですが、どうもこの技法は
気化した銀を吸い込む恐れがあって体によろしくないらしいです。
制作した方はそういったことを知りつつもパイレックスの魅力に押され
心身を削って制作に励んでいるそうです。

基本、ヘンプアクセサリーを制作するときはメインは「ヘンプ」を心がけていますが、
パイレックスのペンダントトップはまた別の次元の話。
初めてこのトップにヘンプを合わせたときは手の込んだ編み方をしてさらに
カラーヘンプも使用してとハデハデにしてましたが、なんかしっくりせず
編み直し。何度か編み直しを繰り返すたびに次第に粗は削れて現在に至ります。
使用して5年くらいかな?そろそろ編みなおしの時期かなって思い始めており
さらにシンプルを追求した作品が仕上がることが予想されます。
2010/11/27(土) 06:44 | コメント:0 | トラックバック:0 |
メールフォーム
ヘンプの編み方、ヘンプについて、4Hクラブのことなど知りたいこと、お気づきの点等がありましたらメール下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

※ここで送信したメールはブログ内とは別の場所へ転送されるのでご安心を。 返信を希望される方は、本文内にアドレスを入れてください。
 
ブログ内検索
 
ブロとも申請フォーム
FC2ブログランキング
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。