プロフィール

Author:メノウ・ノット
2000年に仙台のメイズハンドクラフトワークショップにてヘンプアクセサリーに出会い大きな影響を受け、私自身もヘンプアクセサリーの制作を始めました。

ヘンプを編み続けアクセサリーを作ること早9年。その技術は日に日に進歩していくようで未だに飽きが来ません。

現在は家業である農業を営むかたわら、暇なときにはヘンプアクセサリーを制作し、委託販売、オーダー販売をすることも・・・。

 
カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
FC2カウンター
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
紹介する作品がないので自分のアクセサリーを公開。
PB280004_convert_20101127063942.jpg

何といってもパイレックスのペンダントトップがポイント。
パイレックスはフラスコやビーカーなどの実験器具、
調理用ボウルなんかに使われるガラスです。特徴として熱に強い、
強度があり割れにくい、透明度が高いなどが上げられます。

このペンダントトップ、8年ほど前にメイズより購入しました。
この頃メイズでは度々、富山県にあるスパイラルアーツという
パイレックスのアクセサリー作品を手掛けるお店にわざわざ足を運び
仕入れに行ってたようです。学生の頃より始めたヘンプクラフトですが、
パイレックスのペンダントトップは高嶺の花。なかなか手が出ませんでした。
しかし見れば見るほどその魅力に引かれ、メイズに行くたび目の保養。

購入したのは就職してからのこと。パイレックスのペンダントトップが
入荷と同時に買いに行きこれを選びました。今思えばメイズの店長も
このペンダントトップねらってたんだろうなっておもいます。
それだけイイ仕上がりの作品なわけです。
PB280006_convert_20101127064044.jpg

このトップを光に照らして中をのぞけば美しい光と色が混ざり合います。
後から聞けばパイレックスのペンダントトップなんかはパイレックスガラスに
銀などを気化して吹きつけたりしながら制作する技法があって、
それが私の持っているトップに使われているらしいのですが、どうもこの技法は
気化した銀を吸い込む恐れがあって体によろしくないらしいです。
制作した方はそういったことを知りつつもパイレックスの魅力に押され
心身を削って制作に励んでいるそうです。

基本、ヘンプアクセサリーを制作するときはメインは「ヘンプ」を心がけていますが、
パイレックスのペンダントトップはまた別の次元の話。
初めてこのトップにヘンプを合わせたときは手の込んだ編み方をしてさらに
カラーヘンプも使用してとハデハデにしてましたが、なんかしっくりせず
編み直し。何度か編み直しを繰り返すたびに次第に粗は削れて現在に至ります。
使用して5年くらいかな?そろそろ編みなおしの時期かなって思い始めており
さらにシンプルを追求した作品が仕上がることが予想されます。
スポンサーサイト
2010/11/27(土) 06:44 | コメント:0 | トラックバック:0 |
花粉症の季節到来です。
今年で花粉症発症20周年を迎え、現在ピークです。
とはいえ最近は大分よくななりました。ひどかったのは高校ぐらいまで、
短大に進学すると同時に始まった寮生活がかなり環境が悪く、淀んだ空気の中
抵抗力がついたのか、その辺を境に症状は軽くなってきました。
でもやっぱりこの時期しんどいです。数年前まではスギ花粉の季節が来る前に
耳鼻科に通っていましたが、最近ではこんなのにお金をかけるのが馬鹿らしく
なってじっと耐えています。スギ花粉との共存を選びました。


話しは全く変わってヘンプアクセサリーのこと。
マクラメの応用です。個人的に好きなレースっぽい模様が好きです。
定番でよく作る柄ですが少し時間が空いてしまうと編み方を忘れてしまう編み方。
この編み方でもやっぱりマクラメは中太のスタンダードヘンプがジャストマッチ!

2010/03/28(日) 06:26 | コメント:0 | トラックバック:0 |
 最近、暖かくなってきたなっって思ったらガッツリ雪が降りました。
キュウリを定植して早40日を過ぎましたが、晴れ間が少ないせいか
地温が上がらず地下暖ボイラーがフル稼働状態で灯油が湯水のごとく
燃えています。そんな中キュウリも収穫期を迎え本格的に忙しくなる
感じです。
 
 そろそろブログ更新も滞りそうなのでこの辺で今期制作した
ヘンプアクセサリーの一つを紹介。
P8240057_convert_20100311013627.jpg

 平編みの応用・花柄編みをさらに応用。むしろ花柄編みの原型すら
とどめていない感じのブレスレット(笑)。単純に平編み同士が交差
するところで芯を入れ替えながら編み進むシンプルなブレスレットですが
このシンプル加減がほどよく気軽に身に着けれる作品です。
 基本、スタンダードツインでしか平編みをを曲げる作品を作らない
のですが、こういった作品でこそ長く着用して肌に馴染んできた時の
フィット感が楽しめると思います!
2010/03/11(木) 01:35 | コメント:0 | トラックバック:0 |
 いつものごとくブログの更新もマイペースなわけだが、気がつけば新年を向かえ早くも一ヶ月が過ぎそうだ。

 今年のスタートはなかなか軽快。気仙沼流通市場の初売りで恒例の抽選会でのコト。毎年、抽選券は5,6枚はもらうのに5等の「甘栗」or6等(スカともいう)の「落花生」しか当たらない。だが今年は1等が当たる。さらに3等が2本、4等が1本、5等が1本と不気味なほどによく当たった。
 かと思えば、先日13日に予定いていた4HCの新入クラブ員歓迎会は、当日になり腹痛、嘔吐、発熱によりダウン。もちろん歓迎会も欠席。数少ない新入クラブ員に申し訳ない!

 今年もよろしくということで、実は年明け前に完成していた1年越しの作品。制作日数からブログアップの最後までズボラな一面が反映された作品。ただ作品そのものは手抜き・妥協なし!

P1210132_convert_20100124234005.jpg

P1210134_convert_20100124234154.jpg P1210135_convert_20100124234606.jpg

ペンダントトップ付近のデザインの制作は制作日数が空いたため久々にてこずった~。

2010/01/24(日) 23:57 | コメント:0 | トラックバック:0 |
1,2ヶ月前までは本業の農業のほうが忙しくてなかなかブログの更新も、アクセサリー作りも進みませんでしたが、ここ最近は微妙にアクセサリーの注文が入りちょっと前とは違う忙しさになってました。

っということで久々の作品紹介。

P8240060_convert_20090827034837.jpg

単純な花柄編みのブレスレットですがカラーヘンプ1本を配置の工夫をするだけで結構きれいな配色になります。今回はカラーにグラデーションを使用しているため自然な色の変化もついてます。
また、花柄編みの基本である平編みの特性をいかしてリバーシブルとしても使えます。
2009/08/27(木) 04:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
メールフォーム
ヘンプの編み方、ヘンプについて、4Hクラブのことなど知りたいこと、お気づきの点等がありましたらメール下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

※ここで送信したメールはブログ内とは別の場所へ転送されるのでご安心を。 返信を希望される方は、本文内にアドレスを入れてください。
 
ブログ内検索
 
ブロとも申請フォーム
FC2ブログランキング
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。