プロフィール

メノウ・ノット

Author:メノウ・ノット
2000年に仙台のメイズハンドクラフトワークショップにてヘンプアクセサリーに出会い大きな影響を受け、私自身もヘンプアクセサリーの制作を始めました。

ヘンプを編み続けアクセサリーを作ること早9年。その技術は日に日に進歩していくようで未だに飽きが来ません。

現在は家業である農業を営むかたわら、暇なときにはヘンプアクセサリーを制作し、委託販売、オーダー販売をすることも・・・。

 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
FC2カウンター
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
2月に入りだいぶ日が長くなり、
外での仕事も5時くらいまでは平気になってきました。
それなのにここ数日の降雪でハウスに雪が積もり
ハウス内が暗くて夕方は仕事できません。
喜んでるのは犬だけです。
CA3B0012_convert_20120203055050.jpg
スポンサーサイト
2012/02/03(金) 05:59 | コメント:1 | トラックバック:0 |
今さらですが、ここのブログタイトル「LIFE with HEMP」の説明。

「LIFE with HEMP」はここのブログタイトルですが
元は制作したヘンプアクセサリーがお店に並んだとき
この「LIFE with HEMP」のタグをつけて並べます。
大げさにいえばブランド的なノリです。

10年ほど前、ヘンプアクセサリーに使う材料などをよく買ってたお店で、
委託でよければ商品を並べていいと話をいただきました。
後日、商品を持ってきたところお店の人に、
他の商品との区別も兼ねて持ってきた商品に名前をつけてほしいと突然いわれ、
ポッと思いついた英単語を並べ
「じゃぁ、LIFE with HEMPで」
と意外あっさり決めました。
もちろん中学生並みの英語力ですので適切な和訳を知らずに
「生活の中にヘンプグッツを~」みたいな軽いノリの意味でつけました。

しばらくして、よく意味を調べてみればまったく違う意味で
「大麻による生命」という訳でした。
正確な訳を知った時は「かなり重いなぁ」と変更も考えましたけど、
よく考えればそれもそうだなと勝手に自己解決。

人間は自然に生かされてるのであって、植物を代表して「ヘンプ」って感じです。
後付けでかっこ悪いですが、今は結構気に入ってます。
CA3B0006_convert_20120123134552.jpg

2012/01/25(水) 14:10 | コメント:2 | トラックバック:0 |
最近でこそヘンプといえばエコな素材であることが多くの人々に知られました。
しかしヘンプクラフトを始めた10年ほど前はまだ知名度は低かったです。
フリーマーケットで出品しても
「ヘンプって何ですか?」という質問は少なからずありました。
問題はその私の回答で「麻のことですよ」と答えてました。
以前、このブログでも「麻ということで8割は合ってる」と書きましたが、
間違いではないですが正確な答えでもありません。

「麻」の正確な意味は・・・
「植物の茎の靭皮(じんぴ)や葉から繊維をとるマニラ麻・サイザル麻・亜麻・苧麻(ちょま)・黄麻(こうま)などの総称。また、それらから製した繊維や織物」
と広い意味となり特定の植物をさしていません。
よくDIYなどで売っている麻紐はまさにこれでヘンプではありません。


ヘンプは「大麻」と和訳されます。
結構書き渋った内容の記事ですがそれもそのはず。
ヘンプと聞けば何となく聞こえがいいものの、
大麻と言い換えただけで「麻薬」を連想する方も多いでしょう。
「ヘンプとは?」と聞かれて
「大麻です」というと今の日本では誤解が生じるためあえて
「麻」というあいまいな単語を使用してきました。
もちろんヘンプクラフトで使用するヘンプ紐は
毒性のない茎繊維部を使用しているので問題ないですが、
大麻が間違った使い方によって麻薬となることも事実。
ただ大麻が一部の偏った人種によって悪者扱いされるのは不憫で仕方ありません。
なぜなら大麻を辞書で調べると・・・

1 幣(ぬさ)を敬っていう語。おおぬさ。

2 伊勢神宮などで授ける神符。

3 アサの別名。また、その葉や樹脂から製する麻薬。麻酔・鎮静・催眠・幻覚などの作用がある。日本では大麻取締法で規制されている。マリファナ。ハシシュ。

っといた感じで麻薬であることにも触れていますが、前半は神事的な扱い。
昔から日常生活に関わりのあった大麻はもっと神聖な植物なんですね。

私自身もヘンプと日本の神事的な習慣が結びついてるのを知ったのもヘンプクラフトを始めてからです。
ヘンプの良さや歴史を知っていてヘンプに触れるのもいいと思いますし、私のようにその逆もアリだと思います。
私の作るヘンプアクセサリーなんかはその入門編みたいなノリで、日本の大麻史や環境問題なんかにつながればいいかなと思って制作に励んでます。
2012/01/24(火) 00:41 | コメント:0 | トラックバック:0 |
日記
CA3B0005_convert_20120119235418.jpg
久々に自宅で気仙沼ホルモン食べました。
今回はちょっと前に買ってたロゴス製のピラミット型グリルの筆おろしでもあります。
さすがにXLサイズの焼き台だけあってゆったりと使えました。

もちろん外でやったわけですが、家族は寒いから家の中で食べると軟弱な発言。
私一人で焼いて、家の中に運びながら外で食べてました。
別に寂しくなんかないですよ~。
あ~、早く息子、大きくなんないかなぁ。
2012/01/20(金) 00:13 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ヘンプ専用の道具袋があるのですが、
中から編みかけのネックレスが出てきました。
CA3B0003_convert_20120118002544.jpg
おそらく休業する直前に編み始めたのだと思います。
この後どうしたかったのか思い出せませんが、
ひとまずシンプルなネックレスに仕上げたいと思います。
それにしてもこのデザイン、結構前に作ったけど意外とありだなぁ。
温故知新!
2012/01/19(木) 05:27 | コメント:0 | トラックバック:0 |
お昼休みを利用して、自分用のネックレスのロープ編んでたらもう9割方終わりました。
普段なら単純な作業の繰り返しですぐ飽きて、
デザイン性のある編んでて楽しい作品に移ってしまうのに、
今回だけは久々の作業のため飽きずに編めました。
CA3B0004_convert_20120118001838.jpg
後はペンダントトップを前のネックレスから外して
両端の処理をすれば完成なわけですが、
まだ前のネックレスを切るのが名残惜しいのでもう少ししてからにします。
2012/01/18(水) 00:22 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ohashitrio[1]_convert_20120115141456

一時期、女性ボーカルの曲ばかり聞いてました。
UAにクラムボンにビックフロッグ・・・。
それを打ち破って久々に男性ボーカルを聞かせてくれたのが大橋トリオ。
なんかアルバム聞きすると絵本読んでるみたいで心地いいです。

ところで、大橋トリオはラジオで初めて曲を聞いたのですが
このアルバムが「A BIRD」で勝手に「トリオ」は「鳥男」なんだなぁと思ってました。
三重奏の方のトリオだったんですね。
トリオのわりに一人の大橋トリオ。
「一人なのに大橋トリオ」ってCDの帯に書いてあったのがとっても胸キュン。
2012/01/15(日) 14:18 | コメント:0 | トラックバック:0 |
1ヵ月半前の11月後半、新聞を読んでるとipod関係の記事が。
内容は、1世代ipod nanoのバッテリーが高温になり危険とのこと。
無償で新品と交換してくれるそうな。
5年前に1世代ipod nano2Gを購入してたのでさっそく詳細を聞くべく
アップルのお客さまセンターに電話して、交換の手続きをしたところ
翌日、手持ちのipod nanoを運送業者が取りに来てくれました。
手元に戻ってくるのが6週間後。
最近、友人から契約解除したiphoneを売ってもらいipod touchとして活用してため
特に期待はしてなかったですが、先日ipod nano帰ってきました。
ところが、あけてビックリ!
送られてきたのは現行販売されてる6世代のipod nanoの8G!
送られてきた箱 開けた瞬間「ひぃや~~」って変な声出ました。
さすがアップル。
アフターケア万全ですなぁ。
てか、棚ぼた。
SANY0127_convert_20120113060853.jpg
2012/01/13(金) 06:11 | コメント:0 | トラックバック:0 |
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!
昨年は大震災で大変な年でしたが、今年は良い年になるよう努力してまいります!

ところで、3.11の震災前の最終ブログ更新が11月29日になっております。
もちろんズボラで更新しなかったっていうのもありますが、
自分にとってショックな出来事がありブログ更新意欲を欠いてました。
ヘンプアクセサリーを手掛ける人の中で
メイズハンドクラフトワークの店長は最も尊敬する人物でした。
しかしそのメイズの店長が突然のヘンプクラフト引退。
20代前半、仙台のアーケード内で夜な夜なヘンプアクセサリーを露店商していて、
ヘンプ好きのお客さんと話をすればメイズの店長は
「ヘンプを編む人」と知られており、
さらには「ヘンプの神様」なんて言い方する人もチラホラ。
私にとっても編みこみの技術は勿論、
色合わせやヘンプに関する情報など惜しみもなく提供してくれる方でした。
私がヘンプアクセサリーの制作に没頭できたのも、
メイズの店長がいつまでも一歩先行くデザインを編み出すことにより
制作意欲を掻き立てられたからでした。
それが突然の引退。
心にぽっかり穴が開いたとはこのこと。
そして追い打ちをかけるように3月11日の震災。
とてもヘンプを編む気になれませんでした。

ヘンプアクセサリー制作を休んで1年ほどたちますが、
気落ちはしてたもののヘンプクラフトからは
離れる気はなかったのでそろそろ制作再開します。
まずは商品というより前々から思ってた自分のネックレスを編みなおそうかと思い、
引っ張り出したのがハンガリーヘンプのスタンダードツイン。
初めてヘンプクラフトに触れたときの素材です。
ってか当時はこれしかなかったみたいな。
最近は自分のも販売用も完全に加工された
ノーワックスの手触りがよいヘンプを主力に使用することがほとんどでした。
何といても出来てすぐ着け心地いいのが魅力なわけですが
今回はあえてスタンダードツイン。
スタンダードツインは紐自体、硬くて、太さにむらがあり、
ネックレスにしたとき編みたては縄を着けてるような感じ。
しかし使い込めば羊毛ともシルクとも違う
何とも着け心地の良いアクセサリーに変わります。
久々にその手触りを確かめたくなりました。
そして何より、ヘンプクラフトとしての原点に戻りたくこの素材を選びました。
久々のヘンプの感触を一編みずつ感じながら編んでます。

ブログ用
2012/01/07(土) 05:21 | コメント:0 | トラックバック:0 |
5年ぶりくらいに岩手の花巻で開催されている「まちかど美術館」見てきました。

SANY0017_convert_20111105040510.jpg

SANY0024_convert_20111105040418.jpg

SANY0026_convert_20111105040546.jpg

SANY0028_convert_20111105040650.jpg

SANY0029_convert_20111105040720.jpg

SANY0033_convert_20111105040803.jpg

SANY0036_convert_20111105040836.jpg

SANY0042_convert_20111105040911.jpg

今回も物質と、光と、音から構成される素敵な空間でした。
何かがリセットされて、何かがインスパイアされていくのが心地よかったです。
2011/11/05(土) 04:22 | コメント:0 | トラックバック:0 |
img_911873_24055971_0[1]_convert_20111018223707
なぜでしょう。
このアルバム聞くとまったりするの、なぜでしょう。
鳥肌実の講演会が決まるたび赤紙が来るの、なぜでしょう。
鳥肌実の講演会に3回も足を運んだのは、なぜでしょうう。
このCDを買ったの、なぜでしょう。
なぜでしょう。
2011/10/19(水) 22:38 | コメント:0 | トラックバック:0 |
 最近の仕事で玉ネギの苗取りがピークを迎えて忙しいです。
 基本、露地畑を中心に作ってるのですが、
我が家の畑は粘土質のため収穫が思うように進みません。
 粘土質といってもただの粘土質ではなく
強粘土質のさらに上をいく「鬼粘土質」です(当社比)。
SA3A0023_convert_20111018222343.jpg

苗を抜いた時に根っこについてくる土はモーニングスターの鉄球のごとし。
2011/10/18(火) 22:21 | コメント:2 | トラックバック:0 |
録画していた「小林賢太郎テレビ3」を見ました。
子供たちにも見せてラーメンズを好きになるよう軽くマインドコントロール。
意外に食いつき良かったです。
SA3A0022_convert_20111010002918.jpg

相変わらず言葉マニアなコントの数々。
中でもアナグラムは絶品。

アナグラムとは別ですが、言葉遊びつながりで回文ってのがあります。
最近流れてるラジオCMでうまい回文やってました。
「世の中ね顔かお金かなのよ」
「ヨノナカネカオカオカネカナノヨ」
ここまで完璧なの初めて聞いた。
2011/10/10(月) 00:02 | コメント:0 | トラックバック:0 |
我が家は中山間な場所のためにハウスは埋め立て・整地して建てました。
故にハウスは急な土手と隣接しております。
震災によリ、ハウス内の一番張り出した土手に近い場所に大きな亀裂ができました。
SA3A0015_convert_20110904053322.jpg
子供たちが溝にはまって助けを求めるくらいのひび割れです。


SA3A0016_convert_20110904053411.jpg
こちらは通常のハウス内の基礎。
しかし一枚目の画像付近の基礎は・・・。


SA3A0018_convert_20110904053442.jpg
かなり引っ張られてます。
危険なので基礎から鉄骨をはずしておきました。
更にこの基礎を横から見ると・・・。


SA3A0017_convert_20110904053849.jpg
ザ★イリュージョン!
数センチ浮いとります。
早く直さねば・・・。
2011/09/04(日) 06:01 | コメント:0 | トラックバック:0 |
20070723134607[1]_convert_20110814230224

私の好きな漫画家「つげ義春」。
好きな割にはあまり本、持ってないないですがいろんなところで読みあさってます。

好きになった元をたどれば漫画からではなく
つげ作品の実写版映画「ねじ式」からこの世界に触れました。
その後原作に触れ、ばっちりハマりました。

先日、古本屋にて作品集の「ゲンセンカン主人」を購入して
またつげワールドに浸っております。
相変わらず落ちのないような不思議な話を満足げに読んでます。

最近知ったつげ義春情報。
なんとつげ義春は生きていた(←失礼)!
すでに自殺して死んでたと思ってました。73歳です。
何はともあれ水木しげるも天才と称したつげ義春の作品を
これからもゆっくりと読み進めようと思います。
2011/08/14(日) 23:47 | コメント:0 | トラックバック:0 |
メールフォーム
ヘンプの編み方、ヘンプについて、4Hクラブのことなど知りたいこと、お気づきの点等がありましたらメール下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

※ここで送信したメールはブログ内とは別の場所へ転送されるのでご安心を。 返信を希望される方は、本文内にアドレスを入れてください。
 
ブログ内検索
 
ブロとも申請フォーム
FC2ブログランキング
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。